Top > 解体工事はどんな順序で何が行われるの?

解体工事はどんな順序で何が行われるの?

解体工事は、建物の建て替えをするときに、それまであった建物を取り壊して撤去する目的で行われるのが普通です。 現代においては、建物にも木造、コンクリート造、鉄骨造、れんが造などの種類があるので、解体工事もそれらに応じた多くの内容が存在します。30年以上前であれば、大きなおもりをクレーンで吊り、振り子のように振動を与えて、いわば建物を叩き壊す方法が主流でした。しかしそれでは瓦礫が飛散し後片付けの手間がかかってしまうことや、騒音や振動が発生するというデメリットもあるので、近年では圧搾空気で駆動する電気制御のハンマーで、建物をかたまり状のブロック単位に壊しながら撤去も進めてゆく方法が採られています。 解体工事の手順は主に次の通りです。まず現地調査。手順確認や見積りも合わせて行います。次にガスや電気などの引込配管や配線の撤去。次は足場の組み立て。建物を囲むように足場を組みます。そして外装の撤去。瓦や断熱材や窓枠などを外します。次が建物本体の破壊と撤去。その後、廃材の分別と搬出、整地を行うという手順です。

https://kaitai-hiyou.com/

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
関節痛にはどうすればよいのか(2018年6月14日)
解体工事はどんな順序で何が行われるの?(2018年6月14日)
ライースリペア(2018年6月14日)
ジッテプラス(2018年6月14日)
ナイトアイボーテ ドンキホーテ(2018年6月11日)