Top > 悪さするペットを正す方法

悪さするペットを正す方法

ペットをかったのに悪さして困る。

可愛いけど、家だけならいいけど・・・お客様に悪さをしたら縛っておくしかないわ!

なんて思っている飼い主さんって多いでしょう。特にパピー犬と言われる子犬なら仕方ないことですが、大型犬ともなるとパピー犬と言えども小さな人間の子供に与えるダメージは有ります。犬に慣れているならいざしらず、多くの場合には泣いて引っかかれて、転んでということになりかねません。

悪さに困っているのなら、NATURAL GREENのトリーツと正しいしつけ方法を学んでみましょう。

トリーツはご褒美としてあげる餌のことです。しつけをしている時それを受け付けない時もあるようですが、その理由、犬はちゃんと持っているのだそうで、飼い主との関係がそこで見ることができるとも言われています。

しつけをしているときは笑わない、褒めない、期待するような声や態度をしないというのもあるようですね。できた時におもいっきり褒めてあげる。グッドボーイ、グッドガールといったような感じです。ちょうど小さな人間の子供にするようなイメージで信頼関係を作っていくのだそうです。笑っているとできなくてもOK?と思ってしまいますものね。できるまでは飼い主も辛抱なのです。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
仕事コストを削減する複合機(2015年7月 2日)
効果的な息抜きとは(2015年4月22日)
肩こりの要因(2015年4月16日)
マッサージにいきたい...(2015年3月 6日)
藤沢市で交通事故に遭ったお話。(2014年12月 2日)